Trees_of_Spring

2015/9~アメリカの大学院にて工学系の研究をしています。2016/7~シリコンバレー近辺のハードウェアスタートアップで製品の開発をしています。あんまり研究の話はなく個人的なことばかり書こうかと。こんなんですがトビタテ!留学JAPANという文科省のプログラムに採択されてありがたくアメリカで生活を送れています。何かあればどうぞ→Mail: tut.it.mus1c[あっと]じーめーるどっとこむ

働きます。

ウッス、ご無沙汰ッス、あ僕、ット無事に仕事が決まりました(コミュ障気味に

来年からは神奈川の日系のメーカーの研究所いきます。研究所から歩いて数分の敷地に住むんだけどもラボ畜してこんなコミュ障研究者だけにはなりたくない(´;ω;`)

 

ちょっとだけ具体的には、院で専門だったフレキシブルエレクトロニクス→めちゃくちゃ薄い、曲げたり、伸ばしたりできる回路ができる技術を使って、ウェアラブルデバイスを中心に5, 10年先の新しい体験ができるデバイスを作ってやろうって感じの仕事です。

メーカーだけど具体的な物を作るわけじゃなく、スマホだとかアップルウォッチとか、今当たり前になっているハードウェアの10年先の形を模索するような感じです。

 

研究職だと言うと驚く人も居ますが、僕これでも、小学生の頃にはMYハンダゴテをもってたし、中学校はPSPをゴニョゴニョして一番の友達はパンドラ・バッテリー君でした。大学に入ってからはちょっとだけ外交的になりましたが、去年米国で研究所&ハードウェアスタートアップのダブルパンチ喰らってコーヒーを愛する理系人間として一周回って戻ってきたわけっす。 

 

てなわけで就活シーズンは面白いハードウェアやってる所じゃないと感じられない不感症を患い、一応ES出すけど落ちる、というかESすら書く気が起こらないパターンが多すぎでした。結果一番シーズン的に早かった第一オンシャだけ面接が進んあっという間に就活が終わりました。

 

蓋をあけると僕が面接まで進んだ会社は全部で2社だけでした。幸いもう一社もご縁あったものの、そっちはオジーオズボーンもびっくりの Black sabbath & 高給取り、って感じのところでした。これぞロックンロールなワークスタイルでした。

個人的にはそれでも面白いハードやってると思えたから受けたんですが、社員も週末の楽しさと給与に対するコスパばっかり語るし、最終で人事に「金を持つことは大事なんやで!(関西人でほんとにこんな感じ)」ってめっちゃ諭してくる感じが結構萎えました。

そんな当たり前の事はエリート家系の御曹司として生また僕には、言われないでも金が全てだって分かってますし、やっぱり変に週末豪族するよりかは、楽しいことを週5or6で仕事としてやって、あとはお金を使わないでも楽しめるヤロって思っちゃいました。僕、御曹司なんですが大学からの奨学金6年間分を返済しなきゃいけなくて、そこだけは金銭的に魅力を感じてはいましたが。

 

結局仕事のワクワク度数と将来性を最大化する形で仕事を選びました。安定感とかその他は妥協です。10年くらい働いてその後は日本なり海外なり技術者として活路を見いだせればいいなぁって考えてます。 

 

今日くらいで泣く子も黙る某研究所への留学を終えて1年経ちました。光陰矢の如しで研究やらインターンやら就活やら何やらであっという間でした。誰にも聞かれてませんが、遂に大学院中で10回目の引っ越しを達成しました!自分より引っ越した回数多い奴デテコイヤ。

 

ちょっと前まで都内の激安シェアハウスに住んでましたが、昨年末お台場の意識高い感じの国際寮にRAとして移りました。実物大ガンダムが警備員として雇用されて睨みを効かせている良い建物で、So far, 家賃も10拠点中最安、環境としてもトップランクに入る感じです。

何せご近所さんにジャンキーは居ないし、自分だけの風呂トイレ有るのが最高です。あと、お台場のとても良い東京の夜景が見えて、更に友達のデートに遭遇することがあるのは他にないお台場に住む特典だと言えるでしょう。

今のところ次の引っ越しまでは8ヶ月くらいあって、僕にしてはとても安定感あります。いざ学生最期を楽しもうといった所ですが、夏に昔から興味を持っていたSTeLAとかいうワークショップに参加するためにオランダに行く関係でとても金欠です。その頃ヨーロッパのあたりに居る人、会えればいいな。飲みに行くのも良いですが、良かったら是非宅飲みに来て下さいな(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)きれいなお台場案内しますんで。

 

f:id:trees_of_spring:20170701174241j:plain

近所で一枚@お台場海浜公園